子育てコラム

7月のコラム

三年ぶりの夏祭り

今年の夏はコロナ以前に少しづつ戻っていく様子ですね。 保育園の夏祭りが3年ぶりに復活します。保護者会役員さんが、【子どもたちの為に】という熱い気持ちを持って感染対策をたてながら、これまでとは違う開催方法を企画してくださいました。開催日は7月9日土曜日なので、無事開催できることを願うばかりです。

保護者会の皆さんの気持ちに応えるべく、子ども達と一緒におみこし作りに取り組みました。コロナ前は、保育士が先導しておみこしを作りましたが、今回はデザインから子どもが考えてスタートしました。材料を準備するのが私の役目で後は年長の子ども達へお任せすることにし、クラス担任も子ども達への声掛けや手伝いをして完成させました。

ある日、「ワッショイ!ワッショイ」という掛け声が事務所に近づいてくるので、急いで廊下へ出ると完成したばかりのおみこしを担いで年長さんがやってきました。その笑顔は何とも言い難く一人一人輝いて見えます。事務所の次は年中さん、年少さん、2歳、0歳、1歳そして、給食室へお披露目に回るのでした。
年下の子ども達は目が点になったり、一緒に練り歩くなど様々な反応が見られましたが、憧れていることが空気で伝わってきました。

自分のイメージを形にすることができるみらい保育園の子ども達に、心から拍手をおくり、その子供の育ちに沿ってくれる職員や保護者の皆さんに「ありがとう」の気持ちを伝えたいと思います。



保育園関係・保育園の取り組み
子育てについての事

日々の出来事から考える
その他